フライフィッシング スプライシングでフライラインとリーダーを接続

フライラインとリーダーの接続には

・ネイルノット
・ループ to ループ
・ラインコネクタ

などありますが、3番ロッドを使って小渓流でイワナ、ヤマメ、アマゴを釣るにはなるべく接続部を小さいしたいところです。ガイドに引っかかると、ものすごいストレス。

そこでオススメがスプライシングです。

まず、専用工具を用意します。いくつか発売されていますが、C & Fデザイン スリーインワンネイルノットパイプを使っています。最近、TMCからも専用ツールが発売されたみたいです。

針の先をフライラインに刺します。

貫通させます。

針の先の穴にリーダーの細い方を通します。

針先を引き抜きます。

こんな感じ。

そのまま、リーダーのバット部まで引っ張ります。あまり早く引っ張ると摩擦熱が発生しそうなので、ゆっくりと。

先端をあぶって丸くします。

これで抜けにくくなります。

あぶった先端を穴のギリギリまで移動。

瞬間接着剤で固定。

これ使ってます。

2箇所を接着。

瞬間接着剤を使わないで、ネイルノットするパターンもあるんですが、少しでも接続部を小さくするために瞬間接着剤です。

ちなみに、フライラインのコアがフローティングなどで多いブレイデッドコアなら、スプライシングは問題ないんですが、シンキングラインなどのモノコアは不可。まあ、シンキングラインを使うような場合、ループが付いているので、それを利用するのが一般的でしょうけど。

あと、接続部の強度を増すために、熱収縮チューブでおおったり、UVレジンで固めたり、いろんな方法があるみたいです。